Return to site

銀行初。可動式授乳室「mamaro(ママロ)」をスルガ銀行に導入

Trim株式会社が開発した可動式ナーシングルーム※「mamaro」を、2018年3月1日(木)より、スルガ銀行d-labo たまプラーザ(神奈川県横浜市/スルガ銀行たまプラーザ支店内)に設置いただきます。

銀行への導入は初となります。

※ナーシングルーム:授乳や離乳食,おむつ交換などの際に利用する乳幼児をケアするための施設

▲スルガ銀行d-labo たまプラーザ設置されたmamaro

d-laboたまプラーザは、“家族で一緒に夢を描く”をコンセプトとしたコミュニケーションスペースです。お子さま同士が楽しく触れ合えるKIDS SPASEやご家族で集える図書館もあり、子供も大人も楽しみながら夢を描くための様々なコンテンツが用意されています。

今回「mamaro」が設置され、小さなお子様連れの方もより安心・快適にお過ごしいただくことができるようになりました。

◆ ナーシルングルームmamaroとは

【ポイント1】コンパクトで既存の施設にもらくらく設置。

サイズは幅約180cm、奥行き約90cmとコンパクト。可動式のため、既存の施設内にも手軽に設置が可能です。現在は、京急サニーマート(横浜市金沢区)などの商業施設をはじめ、ママやパパが子連れでお出かけする場所へとご活用の幅が広がっております。

【ポイント2】空室情報はスマホでチェック。授乳室・オムツ替え施設検索アプリと連携

Trimでは授乳室・オムツ替え施設検索ができるスマートフォンアプリ、「Baby map」を運営しています。2万件を超える授乳室の情報を掲載しており、ママパパのお出かけに大変好評いただいております。このアプリ内で「mamaro」が空室か使用中かをリアルタイムで反映しているため、抱っこやベビーカーでの授乳室探しをする必要なく、スマートに利用することができます。

【ポイント3】授乳しながら楽しめる「mamaroView」を搭載

室内には「mamaroView」というデジタルサイネージのメディアを搭載。授乳の時間を楽しく過ごしてもらえるようなコンテンツの充実をすすめております。施設案内などのオリジナルコンテンツや、広告の配信、子育て情報など、ご要望・用途にあわせた配信が可能です。電源コンセント1口で対応可能で、施設運営者さまでの難しい設定も必要ありません。

今後もTrimでは「mamaro」や「Baby map」のサービスを通し、授乳やオムツ替えの場所に困らずにママやパパがお出かけできるような、育児のしやすい環境づくりを推進して参ります。

スルガ銀行株式会社について

「〈夢をかたちに〉する、〈夢に日付を〉いれるお手伝い」というミッションのもと、いち早くリテール戦略に特化、静岡・神奈川を基盤とし、札幌から福岡の主要都市圏、インターネット支店においてユニークな商品ラインナップを揃え、日本全国のお客さまに金融サービスをご提供しております。世界初・日本初・地銀初の独自の商品開発、他業態とのアライアンス、夢を共有するコミュニケーションスペースd-labo(首都圏・静岡に5拠点)の展開など、お客さまの夢の実現、安心して人生を送りたいという願いを実現するために、スルガ銀行は前例なきことに挑戦し続けております。また、未来の社会をより豊かにするための社会基盤づくり、未来を担う子供たちのためのより良い環境づくりをミッションと考え、たくさんの子供たちの笑顔と未来を育む、独自のCSR活動を展開しております。

<設置概要>

導入台数 :1台

設置日   :2018年3月1日〜1年間

室内設備 :ソファ・可動式ソファ・テーブル・モニター・コンセント

大きさ   :高さ:200cm/幅:180cm/奥行:90cm 

室内の高さ :190cm/室内面積:1.28㎡

<スルガ銀行d-labo たまプラーザ 概要>

所在地  :〒225-0003 神奈川県横浜市青葉区新石川2丁目2−1(スルガ銀行たまプラーザ支店内)

HP    :http://www.d-laboweb.jp/space/tamaplaza/

<Trim(トリム) 株式会社概要> 
設立   :2015年11月
本社   :横浜市中区海岸通四丁目24番地 創造空間万国橋SOKO 301-A
代表   :長谷川 裕介
設置・広告掲載に関する問い合わせ先
メール  :info-trim@trim-inc.com

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly