Return to site

イオンスタイル仙台卸町

-宮城県仙台市-

· 導入事例

“子育て世代を応援する”店舗の象徴として。

お客さまの利便性とブランドイメージの向上を実現。

2018年9月にオープンした「イオンスタイル仙台卸町」は、東北最大級の食のフロアとベビー・キッズ専門店を中心に、ファッション、雑貨、サービスなど約70の専門店で構成されるショッピングセンターです。ベビーケアルーム「mamaro」は同店のオープンに合わせて導入されました。今回は導入の背景や設置した効果、今後のmamaroを活かした事業戦略などについて川澄店長にお話を伺いました。

           イオンスタイル仙台卸町 川澄 幹浩 店長

 

 

お母さんに喜ばれるフードコート実現へ向けた大きな課題

 イオンスタイル仙台卸町は30代の子育て世代をメインターゲットに設定しており、「子育てファミリーや働く女性を応援する」というコンセプトを掲げています。そのために専門店選びはもちろん、お母さんに使い勝手のいいフードコートを目指し、お子さまと対面で座ることができるテーブルを多く配置するなど、細部にまで気を配り設計を進めました。その中で授乳室については、ベビー・キッズ専門店が集まるフロアに設置するという、これまでの商業施設づくりの定石に従って3階に設けることが決まっていましたが、私は1階のフードコートなどを利用しているお客さまがベビーカーを持って3階まで移動するのは大変な苦労が伴うのではと考えるようになりました。

 しかし、新たに授乳室を設置するためには広いスペースが必要な上、高いコストが掛かるという課題がありました。これらの課題を解決できる手段はないかと悩みを抱えていた頃にTrimさんからmamaroの提案を受けました。私は話を聞いて、二つ返事で導入を決めたことを覚えています。

 

 

mamaro導入を即決した4つのポイント

 mamaro導入を決めたポイントは、大きく分けて4つあります。1つ目は新しい授乳室をフロア内に設計するケースと比較して、コストが大幅に抑えられることです。設計や建設の費用も必要ありませんでした。

 2つ目は狭いスペースに設置できるコンパクトな仕様だったこと、3つ目は手軽に移動できる可動式であることでした。この省スペースで可動式という点は、今後フロアレイアウトの変更などがあっても柔軟に対応できることが魅力でした。

 そして4つ目は、何よりも重要なお客さまの安全面が確保されていることです。mamaroの中で異常が発生した恐れがある場合には、私どもへ通知が届くことになっているので、これならお客さまに安心してお使いいただけると思いました。これらのポイントが決め手となり、子育て世代を応援する店舗として、施設側・お客さま側の両面の希望が叶えられるサービスだと確信し、導入を決めました。

           ▲ 店舗のコンセプトとmamaroのサービスがマッチしたと語る川澄店長

           ▲ メインエントランスに隣接するフードコートに設置

 

 

お客さまから大きな反響 体現した企業姿勢

 オープン当初はmamaroの設置を検討していたフードコート付近が満員になることが予想されたため、あまり人目に付きにくいトイレ付近に設置しましたが、お客さまからはすぐに反響があり、1階に授乳室が設置されていることに驚かれ、喜ばれる姿を多く見ることができました。その後、オープンの盛り上がりが一段落した11月には、お客さまからのご要望や動線分析が進んだこともあり、東北最大級の規模を誇るフードコート「杜のオアシス」内にmamaroを移動しました。杜のオアシスはメインエントランスに隣接しているため人通りが多く、粉ミルク用のお湯やお子さまとくつろげる小上がりスペースも設置されているので、より便利にご利用いただけると考えており、実際に移転後は利用者数が増え、お客さまからの評価も高まっています。

 mamaroを設置する価値は、機能面だけではありません。店舗のメインエントランスは宮城県産の欅で組まれた大きな2本の柱が印象的なエリアです。このまさに“店舗の顔”となるエリアにmamaroを設置することで、お客さまの利便性を高めるだけではなく、私たちの「子育てファミリーを応援したい」という姿勢を伝えることができ、ブランドイメージの構築に大きく役立っています。

 また、目に入りやすい場所へ移動したことから認知が高まり、mamaroの写真を撮影してSNSにアップされる方もいらっしゃいます。お客さまから当店の姿勢が自然と発信されていることは大変ありがたい状況です。mamaroのやさしいフォルムが、杜をイメージして設計されたメインエントランスやフードコートにぴったりなので、SNSで広めやすいのかも知れません。派手な色使いではないため、設置する際に内装のデザインとのバランスにまったく気を使う必要もありませんでした。

 トイレの脇に比べると若干雑音はしますが、静かに時間をかけて授乳やオムツ替えをしたい際には3階の授乳室をお使いいただき、時間がない場合やすぐに授乳したい際などにはmamaroをお使いいただくといったように、施設側の授乳室とmamaroで使い分けが図られているようです。

           ▲ 東北最大級のフードコート「杜のオアシス」は子育て世代にうれしい設備が充実

           ▲ 靴を脱いで休憩できる小上がりスペースには子ども向けの絵本も

           ▲ 粉ミルク用のお湯も設置されている

 

 

専門店や施設との相乗効果で、より魅力的な店舗づくりへ

 子育て世代へ向けた施策や沿線の発展もあり、おかげさまでイオンスタイル仙台卸町は他の店舗と比較して親子一緒にご来店されるお客さまが多くなっています。今年4月にはイオングループで全国初となる認可保育園が施設内に開園しました。今後、この保育園を利用される方の増加に伴い、子育て世代のお客さまが増えることが予測されます。こういったお客さまを取り込み、快適な買い物環境をご提供するために、よりmamaroを活用していきたいと考えています。そのひとつが「mamaroView」とベビー・キッズ専門店との連携です。mamaroでの授乳などの時間に、専門店のお得な情報や子ども用アイテムの紹介など、お客さまにとって有益なコンテンツを配信することを検討しています。

 イオンスタイル仙台卸町では、今後もこのようなmamaroを活かした取り組みなどを通して魅力あふれる店舗づくりを実現し、子育て世代のお客さまの心を満たすショッピングの機会を創出してまいります。

      イオンスタイル仙台卸町

      https://www.aeon.jp/sc/sendai-oroshimachi/

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK