Return to site

三重県と包括的連携協定を締結

子育てしやすい環境づくりのため連携・協力関係を強化

· プレスリリース

Trim株式会社(神奈川県横浜市、代表取締役社長:長谷川裕介/以下Trim)は、三重県と包括的連携協定を締結することに合意し、2018年12月20日(木)に、みえ県民交流センターにおいて締結式を行いました。

本協定は、子育て支援等のために三重県とTrimが相互に連携・協力することで、県民生活の質の向上に寄与することを目的としています。

締結式には、Trim代表取締役の長谷川が出席いたしました。三重県からは鈴木英敬知事、NPO法人みえNPOネットワークセンターの川北理事をはじめ、関係の皆さまにご出席いただいたほか、県内で子育て中の親子の皆さまも出席され、終始和やかな雰囲気の中で協定書へのサインが行われました。

▲三重県とTrimの包括的連携協定締結式の様子

 

 

協定締結に合わせて、会場となった「みえ県民交流センター」にTrimが開発した個室可動式ベビーケアルーム「mamaro」が設置され、締結式の中では子育て中の親子が実際に「mamaro」を使用する体験会も行われました。この度の「mamaro」設置は、自治体へ特化したサービスを展開し、Trimと協業している株式会社ホープが導入提案を行い実現したものです。今回の協定締結により、「mamaro」の利活用を含めて、子育てしやすい環境づくりへの連携関係を充実・強化することが期待されます。

▲集合写真

 

 

【連携・協力して取り組む内容】
(1) 個室可動型ベビーケアルーム「mamaro」の利活用に関すること

(2) (1)を含む災害時の避難所等における子育て家庭への支援に関すること

(3) 子育てしやすい環境づくりに関すること

(4) 県産木材の利活用に関すること

(5) その他、県民サービスの向上など社会貢献に関すること

<みえ県民交流センターへの「mamaro」設置 概要>
導入台数: 1台

設置日: 2018年12月20日~

室内設備: ソファ・可動式ソファ・モニター・コンセント

大きさ: 高さ:200cm/幅:180cm

室内の高さ: 190cm/室内面積:1.28㎡

<Trim(トリム) 株式会社 概要> 
設立: 2015年11月

本社: 〒231-0002 横浜市中区海岸通四丁目24番地

創造空間万国橋SOKO 301-A

代表: 長谷川 裕介

【本プレスリリースおよびmamaroの設置に関するお問い合わせ】

Trim株式会社

http://info-trim@trim-inc.com

※記事掲載の際は、大変お手数ですが掲載前にご一報いただけますようお願い申し上げます。

【自治体への設置・広告に関するお問い合わせ先】

株式会社ホープ 自治体コンサルティング部

Tel :092-716-1402

E-mail:mc@zaigenkakuho.com

当社は、2017 年 3 月に自治体に特化したサービスを展開している株式会社ホープと提携し(※)、同社が自治体へ「mamaro」導入提案を行っております。

(※) 株式会社ホープとの業務提携については、2017 年 3 月 23 日の同社リリース(http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1452666)をご参照ください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK