Return to site

西日本の道の駅で初 鳥取県・きなんせ岩美に「mamaro」を設置

12月21日に引渡・除幕式を実施

· プレスリリース

Trim株式会社(神奈川県横浜市、代表取締役社長:長谷川裕介/以下Trim)が開発した完全個室の可動式ベビーケアルーム「mamaro」を、道の駅きなんせ岩美(鳥取県岩美郡)に設置いたしました。

今回のmamaro導入は、鳥取県岩美郡岩美町と国土交通省鳥取河川国道事務所が共同で行う実証実験として実現したもので、西日本の道の駅へのmamaro設置は初めてとなります。設置当日にはmamaroのお披露目を行う引渡式が実施されました。

▲道の駅きなんせ岩美でのmamaro引渡式の様子

▲(写真:左端)国土交通省中国地方整備局 鳥取河川国道事務所 所長・北澗さま、(中央)鳥取県岩美町長・西垣さま、(右端)Trim代表・長谷川

 

 

<「mamaro」設置 概要>
導入台数: 1台

設置日: 2018年12月21日~2019年3月末日(予定)

室内設備: ソファ・可動式ソファ・モニター・コンセント

大きさ: 高さ:200cm/幅:180cm/奥行:90cm 

室内の高さ: 190cm/室内面積:1.28㎡

<Trim(トリム) 株式会社 概要> 
設立: 2015年11月

本社: 〒231-0002 横浜市中区海岸通四丁目24番地

創造空間万国橋SOKO 301-A

代表: 長谷川 裕介

 

 

【本プレスリリースおよびmamaroの設置に関するお問い合わせ】

Trim株式会社

http://info-trim@trim-inc.com

※記事掲載の際は、大変お手数ですが掲載前にご一報いただけますようお願い申し上げます。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly