Return to site

埼玉県に続々登場 久喜市役所本庁舎 子育て支援課前に「mamaro」を設置

· プレスリリース

2018年11月30日(金)、Trim株式会社(神奈川県横浜市、代表取締役社長:長谷川裕介/以下Trim)が開発した、授乳・離乳食・オムツ替えなどのベビーケアを行える完全個室型の授乳室「mamaro」を、久喜市役所本庁舎 子育て支援課前(埼玉県久喜市)に設置いたします。常設で設置の「mamaro」としては、埼玉県内で3例目となります。

▲ベビーケアルーム 「mamaro」イメージ

埼玉県北東部に位置する久喜市は、豊かな自然環境と東京都心へのアクセスの良さを併せ持つ、居心地の良いホームタウンとして市民に親しまれています。子育て支援も積極的に行われ、日経DUAL(デュアル)と日本経済新聞社が、全国162自治体(回答数148自治体)を対象に共同で実施した「共働き子育てしやすい街ランキング2017」において、総合編18位、東京を除く全国編では6位(埼玉県内1位)に選ばれています。

久喜市役所本庁舎では、これまで授乳室として提供していた保健室が館内でも見つけにくい場所にあり、積極的に利用されていない状況でした。そのような懸念がある中で、同県内である春日部市役所に2018年3月より設置されている「mamaro」の導入事例を受け、今回久喜市でも「mamaro」を導入することとなりました。

 

 

<設置概要>
導入台数 :1台
設置日  :2018年11月30日~
室内設備 :ソファ・可動式ソファ・モニター・コンセント
大きさ  :高さ:200cm/幅:180cm/奥行:90cm 
室内の高さ:190cm/室内面積:1.28㎡

<久喜市本庁舎 子育て支援課前 概要>
所在地   :〒346-8501 久喜市下早見85番地の3

HP    :https://www.city.kuki.lg.jp/shisetsu/shiyakusyo/kuki.html

<Trim(トリム) 株式会社 概要> 
設立   :2015年11月
本社   :〒231-0002 横浜市中区海岸通四丁目24番地 創造空間万国橋SOKO 301-A
代表   :長谷川 裕介

 

 

◆ 完全個室のナーシングルーム「mamaro」とは

【ポイント1】

コンパクトで既存の施設にもラクラク設置。デッドスペースの有効活用も◎

サイズは幅約180cm、奥行き約90cmとコンパクト。可動式のため、既存の施設内にも手軽に設置できます。現在は、京急サニーマート(横浜市金沢区)などの商業施設をはじめ公的機関など、ママやパパが子連れでお出かけする場所へのご活用の幅が広がっています。

【ポイント2】

空室情報はスマホでチェック。授乳室・オムツ替え施設検索アプリと連携

Trimでは授乳室・オムツ替え施設検索ができるスマートフォンアプリ、「Baby map」を運営しています。2万件を超える授乳室の情報を掲載しており、子連れでのお出かけ時に便利とご好評いただいています。

アプリからリアルタイムで「mamaro」の使用状況が確認でき、「mamaro」が使用中の場合でも待ち時間の目安をアプリから確認できます。

(ダウンロードはこちらから:https://babymap.jp/

【ポイント3】

授乳しながら楽しめる「mamaroView」を搭載

室内には「mamaroView」というデジタルサイネージのメディアを搭載。授乳の時間を楽しく過ごしてもらえるようなコンテンツの充実をすすめています。施設案内などのオリジナルコンテンツや広告、子育て情報など、ご要望・用途にあわせた配信が可能です。電源コンセント1口で対応可能なため、施設運営者さまのむずかしい設定も必要ありません。

【ポイント4】鍵つきの完全個室で安心して赤ちゃんのケアができる

▲写真右 体感センサーにて人の状況を感知している様子

「mamaro」は授乳・オムツ替え・離乳食などのベビーケアを、ママやパパが安心&リラックスして行える完全個室型のナーシングルームです。あたたかな木のぬくもりを感じられる部屋で、ソファに腰掛けながら、快適なケアタイムを過ごすことができます。また、プライバシーに配慮しながらも不正利用を検知。万が一のときには弊社と指定先メールアドレスにアラートメールが送信されるので、施設運営者さまも安心して導入いただけます。

今後もTrimは「mamaro」のサービスを通し、ママやパパが授乳やオムツ替えの不安がない、楽しいお出かけができるような育児のしやすい環境づくりを推進してまいります。

【商業施設等の設置・広告に関するお問い合わせ先】

Trim株式会社

http://info-trim@trim-inc.com

※記事掲載の際は、大変お手数ですが掲載前にご一報いただけますようお願い申し上げます。

【自治体への設置・広告に関するお問い合わせ先】

株式会社ホープ 自治体コンサルティング部

Tel :092-716-1402

E-mail:mc@zaigenkakuho.com

当社は、2017 年 3 月に自治体に特化したサービスを展開している株式会社ホープと提携し(※)、同社が自治体へ「mamaro」導入提案を行っております。

(※) 株式会社ホープとの業務提携については、2017 年 3 月 23 日の同社リリース(http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1452666)をご参照ください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly